ゴルフ会員権を購入して趣味に耽る~ホームコースを選ぶPOINT~

ゴルフ

会員権には種類があります

ゴルフ

ゴルフ会員権には大きく分けて3種類あり、「預託保証金制」「株主制」「社団法人制」と分けられています。預託保証金制は、ゴルフ場に保証金を預けて会員になることを指しています。保証金は一時預かりという形になっているため、会員を辞める際に返金してもらうことができます。多くのゴルフ場で預託保証金制を実施していますが、これらの保証金は施設の運営や修繕などに使用されます。預託保証金制は長期間預かるため、その間に経営が苦しくなると返金がスムーズに行われないなどの問題が発生してしまいます。そのため、預託保証金制を選択するなら、経営状態が良く、この先も営業を続けていけるかを見極めることが大切です。社団法人制は利益を求めていないため、新設されたゴルフ場ではこの形態を実施してはいません。しかし、名門で人気の高いゴルフ場では社団法人制を実施していることが多く、会員権に関しての制約を厳しく取り決めている場合も少なくはないのです。

株主制は、ゴルフ場の株主になり会員権を受け取るシステムです。経営にも参加できる権利を与えられるため、株主総会では議題に関しての意見を述べることも可能となります。ゴルフ場が解散となってしまっても、株主である会員は資産を受け取ることができます。持ち株によって分配される資産額に違いはありますが、自分の預けた保証金額のみ返金される預託保証金制とは違い、ゴルフ場の総資産を分配されるため、より高い金額が手元に戻る可能性は高いと言えます。株主制を実施しているゴルフ場は人気が高く、会員権を購入した人からの評価も高いのです。